【STORY】ミルクファッジの嘘

 キャンディー型に結ばれた包装紙の端を引っ張って、中身を取り出す。 しびれるような甘さ、ほろほろと溶ける食感。うたた寝の最中に見る淡い夢の残像を追いかけるように、またひとつ食べてしまう。  ミルクファッジを教えてくれたあ … 続きを読む 【STORY】ミルクファッジの嘘