2019.12.11

世界で一番チョコレートが好きな国は? #スナックミー

snaq me

世界中で愛されているおやつの代表といえば、「チョコレート」

どこの国のお店にも、必ず目立つところにおいてありますよね。

今回は、国ごとのチョコレート消費量ランキングをご紹介します!
皆さんは1位の国はどこだと思いますか?

チョコレートを毎日食べる人も増えている日本。かなり上位な気がしませんか?

気になるランキングは…

2017年 1人あたりのチョコレート消費量ランキング(㎏)

1位  スイス    8.8
2位  オーストリア 8.1
3位  ドイツ    7.9
4位  アイルランド 7.9
5位  イギリス   7.6

22位 日本                 1.2

第1位はスイス!

画像2

1人が1年間で消費するチョコレートの量は、なんと8.8㎏でした。

日本の某有名メーカーの板チョコレートが1枚50gなので、スイス人は1年で176枚もの板チョコレートを食べている計算になります。
2日に1枚以上のペース。これを毎日続けていると思うと、スイス人恐るべしですね。

そして今回のランキングでは、トップ10は全てヨーロッパの国でした。
流石「チョコレート」を作った地域。圧倒的です。

日本は22位とヨーロッパ勢には及びませんでしたが、アジアの中では1位でした!

<参考:Per capita chocolate consumption worldwide in 2017, by country (in kilograms) https://www.statista.com/statistics/819288/worldwide-chocolate-consumption-by-country/

スイスで生まれたあのチョコレート

消費量1位のチョコレート大国スイスは、私たちも大好きなあのチョコレートの生みの親なんです。

それが、ミルクチョコレート

画像1

1875年にスイスのダニエル・ピーターが世界初のミルクチョコレートを開発しました。

彼はもともとろうそく作りをしていましたが、灯油ランプの誕生で打撃を受けました。
そこで新たに取り組んだのがチョコレート事業でした。

彼にはもちろん、ろうそく職人をチョコレート職人に転身させたランプにも感謝を伝えたいですね。

ヨーロッパで大きく発展を遂げたお菓子「チョコレート」。
やはりヨーロッパでの消費量がダントツでした。

果たして、この牙城を崩す国が現れる日は来るのでしょうか?


この記事をシェアする

snaq me