2023.12.31

オフィスに「置き菓子」や「コーヒー」でモチベーション向上が期待

snaq me

コロナ前後のオフィスの福利厚生について調査を実施。オフィスには「置き菓子やコーヒー」が求められているということがわかりました。オフィスには「置き菓子」や「コーヒー」などの嗜好品を用意しておくことで、仕事に対するモチベーションの向上を期待できます。

【調査概要】
 ■ 福利厚生に関する調査 
 ■ 調査対象:25〜59歳の会社員の男女 
 ■ 調査期間:2022年12月12日(月)〜12月14日(水)
 ■ 調査方法:ネットリサーチ 
 ■ 調査地域:全国
 ■ 有効回答数:562サンプル
 
 【調査結果の詳細】
 コロナ前(2019年以前)と比較して、コロナ禍(2020年〜2021年)では「リモート勤務が増えた」と答えた方は全体の26.7%。
 
 2022年12月現在では、出社中心である方が53.2%と多数派でありつつも、「リモート勤務が増えた」(14.6%)、「リモート勤務が減った」(13.5%)など、ここ数年で変化が伴っている人も多く、リモート勤務とオフィス勤務両方を組み合わせたハイブリッド型の働き方が浸透しつつあることが示唆される結果になりました。 


 現在、オフィスにある福利厚生としては「ドリンクの自動販売機」(36.7%)、次に「オフィスコーヒー」(21.7%)が多く導入されていることがわかりました。
 オフィスにあったら仕事のモチベーションにつながりそうな福利厚生としては、「置き菓子」が27.8%と最も多い結果になりました。


  

snaq.me office、まずは始めてみませんか?

従業員の健康維持はもちろん、職場の明るく和やかな雰囲気づくり、オフィスにおけるコミュニケーションの機会創出にも役立つ法人向けの置き菓子サービス。『snaq.me office』は導入費用もかからず、什器の設置や取り分け用備品(カップやトングなど)のご用意、定期的な補充・清掃などもスタッフが責任を持って行いますので、気軽に導入いただけます。

せっかくなら、おいしく楽しく、からだにも心にもよいおやつ時間を従業員の皆様に。

※取り扱い商品のラインナップなど、記事に掲載している情報に変更が加わっている場合がございます。最新のプラン情報についてお伝えいたしますので、まずはお気軽にご連絡ください。


この記事をシェアする

snaq me